読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勇気の経営学

おすすめ本の紹介をしています!他にも経営学&キャリア&日常のことについて徒然なるままに書いています!

コカ・コーラ&キリンの提携♪

 

こんにちは。

 

最近、ビジネスの提携の話がよく新聞にでますね。

 

今朝の日本経済新聞の1面には、コカ・コーラキリンホールディングスが清涼飲料事業で資本提携することを固めたとの報道がありました。

 

今、コカコーラの国内シェアは27%で業界1位。

 

これに対し、キリンのシェアは12%で業界4位。

 

両者を合わせると、39%のシェアでダントツの1位となります。

(もちろん、株を数%持ち合うだけの相互出資の提携なので単純に合計するというわけにはいきませんけど、、、)

 

それをシェア21%で業界2位のサントリーと13%で業界3位のアサヒが追いかける業界の構図です。

 

国内の清涼飲料市場は約4兆円市場ですので決して小さな市場ではありません。

 

しかし、最近はスーパーやドラッグストアーでの飲料の安売り合戦が続いていますので、各社、収益を確保するのがどんどん難しくなってきています。

 

提携をしてコスト競争で戦うだけではいずれジリ貧なのは間違いないのですが、規模の経済でいくことが比較的とりやすい施策のために、ここにどの業界も陥ってしまうのですよね、、、

(規模の経済:生産規模や生産量を高めるほど、固定費が分散されて製品単位当りの平均コストが減少し、競争上有利になるという効果。 コストリーダーシップ戦略をとるリーダー企業にとって、特に重要なコスト低減の概念。 )

 

ただ、会社が大きくなればなるほど、動きもにぶくなります。

 

多くの業界や企業の最後には、このような現象がおこることが多いのも事実、、、

 

いろんな業界が悲鳴をあげている、、、そんな記事が最近目につきますね。

 

では、今日も読んでくださってありがとうございました。

 

また、明日もよろしくお願い致しますね。