読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勇気の経営学

おすすめ本の紹介をしています!他にも経営学&キャリア&日常のことについて徒然なるままに書いています!

ソフトバンクの今後と黒田選手の引退♪

 

こんにちは。

 

先日、ソフトバンク孫正義社長がサウジアラビア公共投資ファンド(PIF)と共同で投資ファンドソフトバンク・ビジョン・ファンド」を設立すると発表しました。

 

最大10兆円規模を目指し、IT関連企業に投資するということです。

 

ソフトバンクが今後5年で2.5兆円以上、サウジアラビア公共投資ファンド(PIF)が4.5兆円を出資し、他にも投資家の出資を募る枠組みです。

 

ソフトバンクという会社は、どんどん主力の事業を変化させることで進化、成長してきた会社です。

 

一般的な企業は自社の活動領域をかためて事業を展開していくことが多いのですが、ソフトバンクの場合は活動領域をどんどん変化させて、そして、活動領域を追加させることで事業を拡大させてきました。

 

もちろん、全く今までの事業と非関連というわけではなく、今回の投資ファンドの設立も、今までソフトバンク内で培ってきた事業の「目利き」の力を利用することができるので関連多角化とも言えます。

 

しかし、この多角化など、孫正義社長がいるからできるわけで、その後はどうなるのか少し気になります。

 

後継者をつくるというのは難しく、また、社長の引き際も難しいのですが、ソフトバンクがこれからも繁栄していくためには孫正義社長から次の世代への早期のバトンタッチ(少なくとも一歩下がること)が望まれるように僕は思っています。

 

少し話は変わりますが、広島カープの黒田選手が引退表明をしましたが、素敵な引退だと思います。

 

ぜひ、日本シリーズでは若い大谷選手に一泡吹かせて、有終の美を飾っていただけたらなと思います。

 

では、今日も読んでくださり、ありがとうございました。

 

また、明日もよろしくお願い致しますね♪