勇気の経営学

おすすめ本の紹介をしています!他にも経営学&キャリア&日常のことについて徒然なるままに書いています!

実るほど頭を垂れる稲穂かな♪

 

こんにちは。

 

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」という故事をご存知でしょうか。

 

この故事について解説しますと

 

「稲が実を熟すほど穂が垂れ下がるように、人間も学問や徳が深まるにつれ謙虚になり、小人物ほど尊大に振る舞うものだということ」です。

実るほど頭を垂れる稲穂かな - 故事ことわざ辞典 より)

 

多くの企業が成功し、尊大になり、その結果、滅んでいきました。

 

また、人も同じで、多くの人が成功し、尊大になり、その結果、最終的には寂しい状況になるということが延々と繰り返されてきました。

 

どうしても、成功するとそうなるものですよね。

 

調子にのってしまいますよね、、、、やっぱり。

 

成功レベルとしては、小さい話になってしまいますが、僕のゼミは今大学で一番人気のゼミです。ちょっとした成功です。

 

もちろん、大学内の話ですから、大した話ではないですが、1万人の規模の中での一番ですから、その中でいつもすごしている教え子たちにとってはそれが誇りになっているようなところもあります。

 

そうなると、どうしても、調子にのってしまうことがあります。

 

自分たちは「すごいんだ」と。

 

いえいえ。僕を含めて、全然、すごくないんですよ。

 

大学の外にでれば、特に「どうってことないこと」ですし、、、

 

みんな、当たり前にやっていることをやっているだけですから、、、

 

今日から、1ヶ月にもわたる長い、長いゼミ選考期間が実質的にスタートです。

 

ゼミを選ぶことで悩んでいる後輩達に、真摯な対応をしてくれると嬉しいなと思っています。

 

もちろん、一番、僕がそうでなくてはいけないのでしょうけどね、、、

 

では、今日も読んでくださり、ありがとうございました。

 

来週は月曜日が祝日ですから、火曜日にお会いいたしましょう♪

 

ではでは〜。