読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勇気の経営学

おすすめ本の紹介をしています!他にも経営学&キャリア&日常のことについて徒然なるままに書いています!

ライバルよりも顧客♪

 

こんにちは。

 

僕は、以前、電機メーカーで商品企画の仕事をしていたのですが、その時、ライバルメーカーがすぐに自分たちが行った施策を模倣してくるので腹をたてることがありました。

 

でも、これは僕だけがそういうわけではなく、一般的に、企業で働く人は、顧客の動向よりもライバルメーカーの動向に敏感に反応すると言われています。

 

なぜなら、顧客の動向というのはなかなか見にくいものですが、ライバルメーカーの動向は見易いものだからです。

 

仕事をされる前の学生の方には意外に思われるかもしれませんが、顧客のことって案外わからいままに企業は経営をしているのです。

 

もちろん、マーケティング調査はするのですが、そうはいってもわからないというのが現実です。

 

それに比べ、ライバルメーカーの動向は嫌でもはいってきます。

 

たとえば、競合他社が記者発表をすると、それについてどういう対策をとるのか、上司から問われますから、みんなその動向を注視しています。

 

また、お客様からも競合他社との差別化についてよく質問されますから、競合他社のことは知らねばと思うわけです。

 

でも、本当は、ライバルよりもわからない顧客をわからないなりにも少しでも理解することに時間をさくべきなのです。

 

もちろん、短いスパンでライバルに負けることはあるかもしれませんが、長い目でみたらそれがずっと走り続けるための一番の鉄則です。

 

「ライバルよりも顧客!」

 

当たり前なんだけど、なかなかできないものですよね、、、

 

では、今日も読んでくださり、ありがとうございました。

 

また、明日もよろしくお願い致しますね♪