読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勇気の経営学

おすすめ本の紹介をしています!他にも経営学&キャリア&日常のことについて徒然なるままに書いています!

「組織」と「集まり」の違いかぁ。

 

こんにちは。

 

先日、友人の経営学者の先生と研究ミーティングをしていました。

 

その時、少し研究から話は脱線し、その先生のお子さんの幼稚園の運動会の話になりました。

 

その運動会、年少、年中、年長と各学年の組対決で綱引きが行われるのですが、その先生曰く。

 

「年少さんはただの「集まり」だったけど、年長さんは「組織」になっていた」

 

 

この意味は「集まり」と「組織」の間には違いがあるということなのです。

 

人が集まっているのを文字通り「集まり」と言います。

 

これに対し、共通の目的を持った「集まり」のことを経営学者は「組織」と呼びます。

 

つまり、年少さんは綱引きの時にただ集まっているだけで、綱を引いている子もいれば、砂をいじって遊んでいる子もいる状態だったのです。

 

これに対し、年長さんは「綱引きで勝つぞ!」という共通の目的をメンバーがもって取り組んでいたのです。

 

ここに、違いがあったとその先生は言われているのですよね。

 

どんな社会現象をみていても、自分が興味のある学問にもってくる「集まり」を学者というのかもしれませんね。

 

あっ。

 

この場合は「組織」なのかな。うーん。どうなんだろ。

 

では、今日も読んでくださりありがとうございました。

 

明日は休みなので、また金曜日にお会い致しましょう。

 

ではでは〜♪