読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勇気の経営学

おすすめ本の紹介をしています!他にも経営学&キャリア&日常のことについて徒然なるままに書いています!

コモディティ化かぁ。

 

こんにちは。

 

みなさんは、3連休をいかがおすごしだったでしょうか。

 

楽しい連休だったら良いのですが、どうだったでしょうかね。

 

さて、連休明けの今日は「コモディティ化」という現象について少しまじめに書いていきます。

 

コモディティ化とは、サービス・商品の価格下落がとまらない現象のことをさします。

 

多くの産業において、このコモディティ化という現象が生じていて、サービス、商品の価格下落がおこっています。

 

そして、今、このコモディティ化という現象は「人」にも及んでいます。

 

事実、終身雇用の世の中は終わりにむかい、年齢を重ねるだけで給料が上がっていく会社は少なくなってきています。

 

低所得のままの状態から抜け出せない人も多くなっています。

 

このコモディティ化に立ち向かう有効な手段の1つがイノベーションを生み出すことだと言われています。

 

イノベーションというと「新しい」ことを「無」のところから生み出すように思われがちですが、多くの場合、イノベーションは古いものの「再結合」で生まれます。

 

つまり、すでにあったものを、新しい組み合わせにすることによってイノベーション、つまり、価値ある商品やサービスは生まれるのです。

 

その価値ある商品やサービスを実現するためには、多くの「こと」「もの」「人」などについてある程度の理解をし、実際に組み合わせることができる「人」が必要です。

 

つまり、コモディティ化から逃れる価値をつくる源泉は「人」なのです。

 

さらに言えば、「学び、実践できる人」。

 

これがコモディティ化への最強の対抗手段なのです。

 

自分を守るためにもしっかり学び、実践しよう!

 

という、今日も当たり前で、少しも面白くない結論になってしまいました、、、、

 

本日も読んでくださりありがとうございました。

 

また、明日もよろしくお願い致しますね♪