勇気の経営学

おすすめ本の紹介をしています!他にも経営学&キャリア&日常のことについて徒然なるままに書いています!

ニートかぁ。

 

こんにちは。

 

僕の大学生の頃の夢はニートになることでした。

 

ちなみに、ニートとは「十五歳から三十四歳までの、家事・通学・就業をせず、職業訓練も受けていない者」のことです。

 

つまり、大学卒業後に働かずにいたいと思っていたのですね。

 

ニートになりたい!」

 

とよく母にいっていたら、

 

「それだけはやめて!」

 

と、よく言われたことを思い出します。

 

話は変わって、この週末、ある研究会に参加してきました。

 

その研究会は、70歳をこえた学会の重鎮の先生方がメインの研究会で、38歳の僕が一番若いという研究会でした。

 

その先生方、70歳をこえているわけですから、もう大学も退官されておられます。

 

ですので、別に「仕事」としての研究はしなくても良い状態のはずです。

 

でも、その先生方、大学を退官後も研究を続けておられるのですね。

 

それに、本当に楽しそうに自分の研究についてお話ししたり、僕の研究の話を楽しそうに聞いてくださる姿は、「仕事」ではなく、「楽しみ」、そのもののように見えました。

 

そのお姿をみて

 

「僕が大学生の頃になりたかったニートってこういう『偉大なニート』だったのかもしれないな」と思いました。

 

僕も『偉大なニート』になりたい!(厳密に言うと、ニートは34歳までの人しかなれないので、もう僕は無理なんですけどね、、、、)

 

偉大な人生の先輩方に学ばせて頂いた週末でした♪

 

では、今日も読んでいただきありがとうございました。

 

また、明日もよろしくお願い致しますね。

広告を非表示にする