勇気の経営学

おすすめ本の紹介をしています!他にも経営学&キャリア&日常のことについて徒然なるままに書いています!

飽きるかぁ。

 

こんにちは。

 

最近、毎日、毎日、原稿を書く日々が続いているのですが、さすがに同じことをしているとあきてしまいますよね?

 

あなたにもそんな経験があるのではないでしょうか?

 

何か「あきない」ための良いアイデアがあればお教えいただきたいぐらいです。

 

現時点で僕が「あきないために」している工夫としては、原稿を書く作業に限定しますと、複数の原稿を同時並行的にすすめるということです。

 

それも、論文のような難しい文章と一般の方向けの比較的読みやすい文章を並行して書くようにしています。

 

そうすると、頭の違うところを使っているためなのか、結構、「あきず」に書く作業を続けて行うことができます。

 

この方法は、芸術家の岡本太郎さんもやっておられた方法です。

 

岡本太郎さんは「太陽の塔」とか「芸術は爆発だ!」で有名な方ですよね。

 

岡本太郎さんも、作品をつくるときは、アトリエで絵や彫刻など複数の作品を同時並行的に進めておられました。

 

1日でアトリエをグルグルまわるみたいな感じです。

 

そうすることによって、創作意欲が刺激されていったみたいです。

 

少しだけですが、凡人の僕にもその気持ちわかります。

 

違う文章を書いている時に、アイデアが浮かぶことが結構ありますので。

 

大学の講義が本格的にはじまる前に、書きあげたい原稿がいくつかあるので、なんとか工夫してすすめていきたいものです。

 

では、今週もお仕事に、お勉強に、お疲れ様でした。

 

また、来週も宜しくお願い致しますね♪

広告を非表示にする