勇気の経営学

おすすめ本の紹介をしています!他にも経営学&キャリア&日常のことについて徒然なるままに書いています!

入り口はどこでもいい♪ 就職活動のアドバイス!?

 

こんにちは。

 

今日から7月ですね。

 

この時期になると複数の内定をもらった教え子が増えてきます。

 

内定がないのも悩みなのですが、行きたい会社から複数の内定をもらっている場合も悩みになります。

 

この時期は、そんな彼らが相談に来る時期です。

 

いつも、そんな彼らに僕が言うのは

 

「入り口はどこでもいいよ。ちゃんとやっていれば、出口はあうようになっているから♪」

 

というものです。

 

実は、会社で実際に働く前に、自分にあっているものなんて、わかりません。

 

だから、実際にやってみるしかないのです。

 

でも、最初は1つしかえらべないので、どこかをとりあえず選んでやるしかありません。

 

かの有名なピーター・ドラッカーもこんなことを言っています。

 

「学校を出たばかりでは、自分のことはほとんどわからない。成果をあげるのは、大きな組織か小さな組織か。人と一緒にか一人でか。不安定な状況を好むか嫌うか。締め切りは必要か必要ないか。意思決定は速いか慎重か。
最初の仕事はくじ引きである。最初から適した仕事につく確率は高くない。しかも、得るべきところを知り、向いた仕事に移れるようになるには数年を要する。」

(『非営利組織の経営』P212より)

 

だから、「入り口はどこでもいい」のです。

 

今日は、そんな、適当なメッセージでした。

 

では、今週も読んで頂き、ありがとうございました。

 

また、来週もよろしくお願いしますね♪