ひたすらBook

おすすめ本の紹介をしています!他にも経営学&キャリア&日常のことについて徒然なるままに書いています!

三菱自動車、スズキの燃費問題と数値評価社会♪

 

こんにちは。

 

最近、自動車業界が揺れています。

 

その震源は、燃費不正問題です。

 

まず、三菱自動車が。

 

そして、昨日はスズキが公表しました。

 

こんなことが行われた裏側には、いろんな理由があると思いますが、大きく2つの外部環境があると僕は思っています。

 

1.国際的な競争の激化

 

2.数値評価社会

 

まず、1の国際的な競争の激化ですが、これは言うまでもありませんね。

 

注目すべきは、2の数値評価社会だと思います。

 

世界は、今、数値でモノやサービスを評価する方向へどんどん進んでいます。

 

たとえば、日本人はランキングが好きですよね(僕も大好きです)!

 

テレビでもランキングの番組は多いですし、就活中の教え子たちも今、就活ランキングを気にして就活しているようにも見えます。

 

ただ、こういう目に見えるものだけに依存するのは危険なことでもあります(たとえば、自分が就職すべき会社なのかどうかが、数字だけでわかるはずはありませんよね!本当は)!

 

でも、ランキングなどの数字に人は頼ってしまいます。

 

車の世界でも同じで、開発者が燃費という数値に必要以上に焦点をあてすぎた結果、こんなことが起こってしまったんでしょうね。

 

「人は弱い生き物」です。

 

どうしても、ダメだと思ってもやってしまうものですよね。

 

それは過去の歴史が証明しています。

 

不正、なくならないだろうなぁ(無責任な表現ですいません)。

 

まあ、少なくとも個人レベルでは、必要以上に数字に敏感にならないような生活を送りたいな思っている今日この頃です。

 

では、今日も読んでくださり、ありがとうございす♪

 

明日もよろしくお願い致しますね♪