ひたすらBook

おすすめ本の紹介をしています!他にも経営学&キャリア&日常のことについて徒然なるままに書いています!

セブン&アイHD会長の鈴木敏文氏退任

こんにちは。

 

今日は、昨日に引き続き、「Googleの中」のお話をしようと思っていたのですが、昨日、セブン&アイHD会長の鈴木敏文氏が退任するという電撃的ニュースが流れてきたので、今日はこれについて書こうと思います。

 

Googleの話は、また、しますね。

 

鈴木敏文氏を知らない方もおられるでしょうから、簡単に紹介しますね。

 

鈴木敏文氏は日本ではじめてコンビニをつくった方です!

 

当時、イトーヨーカ堂で働いていた鈴木敏文氏が部下と立ち上げたのがセブンイレブンになります。

 

そして、その後、苦労に苦労を重ねて、セブンイレブンを日本最強の小売業にまでした生きる伝説の経営者になります!

 

もし、鈴木敏文氏がいなければ、コンビニが当たり前のようにある今の便利な世界はなかったのかもしれません。

 

そんなすごい鈴木敏文氏が、昨日、退任されるとの発表があったのです!

 

細かいことはわかりませんが、記者会見の鈴木敏文氏の話を聞いている限りでは、自分の思い通りにならないことがでてきたためと言っておられます。

 

より具体的には、「現在のセブンイレブンの社長の方があまりいけていないので交代させようとしたけど、それをまわりの人に止められ、実現できなかった」というのが原因のようです。

 

鈴木氏のまわりの方々は、業績が5年連続であがっている中で、セブンイレブンの社長をかえるという人事は認められられないと反対したのです。

 

そして、結局、反対者が多くでて、鈴木敏文氏の意見は通らず、その社長の方はそのまま社長を続けることになったのです。

 

ただ、僕の意見をいうと、社長を選ぶというのは難しいもので、今、業績が良いから社長をかえないというのはあまり良い考えではないと思っています。

 

つまり、鈴木敏文氏に賛成の立場です。

 

それよりも、社長には、今、新たな価値をだせているのか。

 

もしくは、これから、価値を創出できそうな人なのかで選ぶべきだと思っています。

 

鈴木敏文氏のように、伝説の経営者までなってしまうと、意外と孤独なものです。

 

鈴木氏にしか見えない景色があったのだと思います。

 

そして、その世界観は他の常人には理解できないでしょうからね。

(僕も常人なのでよくわかりません。)

 

会社の後継問題、これは本当に難しい問題です。

 

今、いい会社が未来もよい会社とは限らない。

 

今後のセブンイレブン、個人的には黄色信号だと思います。

 

では、今週も読んでいただきありがとうございました。

 

来週もよろしくお願いしますね🎶