勇気の経営学

おすすめ本の紹介をしています!他にも経営学&キャリア&日常のことについて徒然なるままに書いています!

「すごいビジネスマン」と「普通のビジネスマン」の差は?

こんにちは。

 

今日から4月ですね。

 

僕が所属する大学も今日は入学式です。

 

あなたの2016年度が良い一年になりますように🎶

 

さてさて、今日はビジネスマンの方にむけて、下記のような文章を書いてみました。

 

良ければどうぞです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「すごいビジネスマン」と「普通のビジネスマン」の差は?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

世の中には、2通りのビジネスマンがいる。

 

何をしても大きく成功できる「すごいビジネスマン」。

そして、もう一方が、何をしてもそこそこしかできない「普通のビジネスマン」だ。

ビジネスの世界において、会社が欲しいビジネスマンは前者であることは言うまでもない。

では、「すごいビジネスマン」と「普通のビジネスマン」という差はどこから生まれてくるのだろうか。

 

実はそこには、組織の力が大きく関係している。

ここでは、大きく成功できない普通のビジネスマンの原因を経営学的に説明してみよう。

 

それは、意外なことに、組織が正しく機能しているためなのだ。

大きく成功できない普通のビジネスマンとは、組織の上司の指示通りに仕事をして、上司の期待を悪い意味で裏切らない人のことだ。

たとえば、あなたに上司が仕事を頼んだとする。当然だが、上司はあなたの力をある程度理解している。

すると、上司はそこに期待値をおく。これは組織が機能して、あなたの能力が、正しく見込まれている証拠になる。

 

実はこの現象を大きく成功できるすごいビジネスマンは逆に使っている。

ずばり上司の期待値を低く設定する工夫をしているのだ。

 

「あいつは思ったよりも、いつもやる。」

 

成功できる人は、この言葉を言われ続けられ、仕事が次から次へと回ってくる人なのだ。

 

「上司から期待されればされただけ良いよ。」

「上司によく理解されていていいなあ。」

 

あなたの周囲で、こんな言葉が交わされていないか?

こうした集団“常識”がその人にギャップを生み出すことを止めさせ、その人がブレイクできない理由となってしまうのだ。

 

私たち組織人は組織人の常識があるからこそ、成功できない普通のビジネスマンになってしまう。

全く皮肉な結果だ。

 

けれども、これからの大競争社会において、個人の評価を高く見せることは積極的にしていかねばならないことの一つだ。

 

相手の期待を良い意味で裏切る力や方法を手にいれること。

それは「すごいビジネスマン」になる秘訣だ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

では、今日も読んでくださり、ありがとうございました。

 

来週もよろしくお願い致しますね。