勇気の経営学

おすすめ本の紹介をしています!他にも経営学&キャリア&日常のことについて徒然なるままに書いています!

焦点を絞って話す面接術♪

こんにちは、芳樹直樹です。

 

3月1日から就職活動が解禁され、教え子たちも説明会の参加へと大忙しな様子です。

 

上手くいってほしいものです。

 

ちょうど時期的に良いかと思いますので、就活&転職の際の面接を受ける際のワンポイントアドバイスを書いていきましょう!

 

それは「焦点を絞る!」ということです。

 

自分の全てを面接では表現すべきではありません!

 

相手にとって、自分をどう見せたいかを真剣に考え、その点に絞るべきです。

 

人は多面的な生き物ですから、いろいろな面を持っています。

 

ましてや、短い面接時間で、あなたの全てを理解してもらうことは不可能です。

 

それに、全てを理解してもらっては困ることもありますよね。

 

だって、「人間だもん」。負の面は必ずあるはずですよね。

 

つまり、打ちだすキーワードを個人個人、企業ごとにつくるべきなのです。

 

もちろん、企業ごとにキーワードをつくることは実質、苦しいでしょうから、せめてどういうブランド・キーワードで自分を売っていくのかは、周りの方と相談して「1つ」だけ決めるべきだと思うのです♪

 

たとえば、先日、相談を受けたゼミ生の彼のブランド・キーワードは「トレーナー」ということになりました。結果、彼は「人を育てる人」というキーワードで自分を打ち出していくことになりました。

 

こういうキーワードが決まるだけで、自分の中のどの面を出していけばいいのかがわかるようになります。

 

さらに、それが、決まれば、面接の質問でどの経験を話せばよいのかも自ずと決まってきますよね♪

 

自分はその企業にとって、どういう価値を与えられる、もしくは、未来に与えられるだろう人間なのでしょうか?

 

それを友人や周りの方々と相談し「狙い撃ちする」ことが面接攻略の基本だと思います♪

 

ぜひ、やってみてくださいね!

 

では、今日も読んでくださり、ありがとうございました。

 

明日もよろしくお願い致します。

 

芳樹直樹でした!