読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勇気の経営学

おすすめ本の紹介をしています!他にも経営学&キャリア&日常のことについて徒然なるままに書いています!

「でも」「でも」「でも」♪

こんにちは、芳樹直樹です。

 

仕事柄、私は多くの方々とお話しをする機会があるのですが、最近面白いことに気づきました。

 

それは、自分の意思で幸運を逃している人が「かなり」いることです。

 

「そんな、バカな!」と思った方おられると思いますが、思い出してみてください。

 

少しの勇気がなく、迷っているうちに終わってしまった抽選や、意中の人に告白しなかったことにより他の無難な人と結婚している現実などなど、人それぞれあるはずです。

 

では、自分がそういう人であるかどうか知りたくないですか?

 

知るのはちょっと怖い気がしますよね。

 

でも、知るべきだと思うのですよね。私は。

 

では、どこをみればいいのでしょうか。

 

それは、その人の「言葉」を見ていればわかります。

 

そして、そのキーワードは「でも」です。

 

「でも」っていう言葉をあなたはよく言っていませんか。

 

言葉にだしていなくても、頭の中で「でも」って自分に対しよく言っていませんか。

 

「でも」はあなたを止める時に使う言葉ですよね。

 

人は行動することが怖い生き物です。

 

この理由は、人は太古から強さがない生き物だったため、臆病を武器に生き残ってきた生き物だからです。

 

だから、行動することに基本的には拒否反応を示す生き物なのです。

 

でも、行動しなければ幸運はあなたにはやってきません。

 

だから、行動を止めている心の中の「でも」を減らすことが必要なのです。

 

一度、まわりのお友達に聞いてみてください。

 

その方には質問の意図は言わずに「私って『でも』って言葉よくいっている?」って。

 

意外に多くの方が、「うん。そう思う」といわれちゃうことでしょう。

 

「でも」を減らすだけでかなりの幸運をあなたは未来に手に入れることができるはずです♪

 

今週の残りは、ぜひ「でも」撲滅キャンペーンをしてみてくださいね。

 

今日も読んでくださりありがとうございました。

 

明日もよろしくお願いしますね♪

 

芳樹直樹でした!