勇気の経営学

おすすめ本の紹介をしています!他にも経営学&キャリア&日常のことについて徒然なるままに書いています!

偉人の名言「やってみなはれ」鳥井信治郎氏

こんにちは、芳樹直樹です。

 

最近、気づいたことがあります。

 

成功している人はとりあえずやってみる人であることに。

 

やらないと何もはじまりません。次の景色は自分が動き出すことにより、はじめて見えるようになるのです。

 

といっても、人はなかなか動き出せないもの。

 

そんなあなたに、今日は下記の名言を届けましょう?

 

 

「やってみなはれ。やらなわからしまへんで。」

サントリー創業者 鳥井信治郎

 

鳥井氏は1879年大阪に生まれます。

 

13歳で大阪道修町の薬種問屋へ丁稚奉公に出、その際に洋酒についての知識を得たと言われています。 その後、20歳で大阪で鳥井商店を起こし、日本人の口にあう「赤玉ポートワイン」を製造し販売、大正後期には国内ワイン市場の60%を占めるまでに成長させます。


その後、本格的なウイスキー生産を志し、大阪の山崎に山崎蒸溜所を建設。国産ウイスキーの製造を開始します。


紆余曲折を経て、1937年「サントリーウイスキー12年」(現在のサントリー角瓶)を発売。この製品の成功により、サントリーのウイスキー事業が軌道に乗ることになります。


その後、サントリーをさらに拡大させて、1962年になくなります。

 

波乱万丈の一生でした。

 

いかがでしょうか。すごい人生ですよね。

 

でも、この人生も最初の一歩を動きはじめたからあるのですよね。

 

「2歩目を歩ける人は、一歩目を勇気を出して踏みだした人だけ」ですよね。

 

そんなことを鳥井氏の人生から感じるのは僕だけでしょうか。

 

ぜひ、小さな一歩で良いのでやってみたいことがあるのならば、踏み出してみてくださいね?

 

では、今日も読んでくださり、ありがとうございました。

 

また、明日もよろしくお願いいたします?

 

芳樹直樹でした!