勇気の経営学

おすすめ本の紹介をしています!他にも経営学&キャリア&日常のことについて徒然なるままに書いています!

≪世界最先端の経営学≫を知るためにぜひ読んで頂きたい本♪

こんにちは、芳樹直樹です。

 

以前ご紹介した、石原明さんの『「成長曲線」を描こう。』もそうでしたが、本当に頭の良い人が書いた本は、読みやすいです。

 

※参考

「成功曲線」を描こう。 [ 石原明 ]

 

本日ご紹介する一冊は、私と同じ経営学者の入山章栄先生が書かれた『ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学』です。

 

 (本の紹介)

ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学 [ 入山章栄 ]

 

著者は慶應義塾大学大学院経済学研究科修士課程修了後、三菱総合研究所で主に自動車メーカーや国内外政府機関へのコンサルティング業務に従事し、2008年に米ピッツバーグ大学経営大学院よりPh.D.を取得、そして、同年より米ニューヨーク州立大学バッファロービジネススクール助教授、さらに、2013年からは早稲田大学ビジネススクールで教鞭をとっている先生です。

 

また、著者は、以前に『世界の経営学者はいま何を考えているのか』という本を出しており、これはこれで魅力的な本だったのですが、本書は前作と比べ物にならないぐらい「面白い」一冊です。

 

 ※参考

世界の経営学者はいま何を考えているのか [ 入山章栄 ]


本書には、世界最先端の経営学の知見だけでなく、経営学者を目指す人の心構えや、創造的になるためのヒントが書かれており、実用面でも啓発面でも秀逸です。

 

本書を読むと、経営学の大きな最近の流れもわかりますし、何より、世間をアッと言わせる新コンセプトや新商品、サービスを生み出せないのか、その理由がわかります。

 

新しい商品やサービスを実現するためには、アイデアを出す広いネットワーク力と根回しに強い、癒着力みたいなものの二つが必要なのですが、それを同時にもっている人が少なく、実際はそのような異質な人がチカラを合わせることもあまりないとも。

 

他にも難しいことがわかりやすく書かれており、「入山先生、賢いな~。」と改めて感じさせられる一冊です。

 

同じ経営学者として、尊敬の念しかありません。

 

なかなか、一般の20代の方に経営学の分野で胸をはって「これはオススメ!」と言える本は少ないのが現状なのですが、本書は、ぜひ読んでみてください。

 

今日も読んでくださり、ありがとうございました。

また、明日もよろしくお願い致します♪