ひたすらBook

おすすめ本の紹介をしています!他にも経営学&キャリア&日常のことについて徒然なるままに書いています!

誰かの相談にのってあげる際のノートのまとめ方🎶

こんにちは。

今日は、あなたが誰かの相談にのる際のノートのまとめ方について書いていきますね🎶

 

私のところには、よく学生や社会人の方が相談にきます。

その際は、相談内容を記載しながら、帰り際にその記載したノートをあげることにしています。

そうすることによって、相談者は話すことに集中できるようになります。

また、後で、そのノートを見れば、今日、どんなことを話したのかも復習できるようにもなっています🎶

 

ここからはノートのまとめ方になりますが、ノートを書く際、私は A4の紙を横向きにして、3つのブロックに分けて書くようにしています。

 

そして、各ブロックに下記のことを記載していきます。

 

左側が、相談者が話してくださった内容(できるだけ、そのままに) 

真ん中が、それを聞いて私が感じたこと

右側が、今後相談者がしたらよいと思われる行動

 

これをすることで、相談者は、面談が終わった後に、今後、何をすればよいのかがわかるようになっています。

もちろん、相談者との同意が必要ですので、全てできないとしても、相談者がやってみようと思ったことは、できるようになっています。

 

ただの相談で終わらせるのではなく、行動につながる相談が大切です。

 

もちろん、相談が終わったら、コピーもとっておいて、その方が改めて相談に来られた際は、前回の面談で決めた行動ができたかを確認していくことになります。

それを繰り返すと、驚くほど、人は成長していきます🎶

 

誰か、私にも同じことをやってくれる人がいればなと思っている今日この頃です。

では、今日も読んでくださり、ありがとうございまいた🎶