勇気の経営学

おすすめ本の紹介をしています!他にも経営学&キャリア&日常のことについて徒然なるままに書いています!

何かをできるようになるまでの4ステップ?

こんにちは?

今日は人が何かをできるようになるまでの4ステップについてお話ししましょう?

 

4つのステップを理解するために、必要な切り口は、「意識」と「能力」の2つです。

この2つの切り口で区別すると、人が何かをできるようになるまでには、下記の4つのステップに分かれることがわかります?

 

ステップ1.できないことに気づいてもいない段階(無意識✖️無能力の段階)

ステップ2.できないことを意識した段階(意識あり✖️無能力の段階)

ステップ3.意識して、できるようになった段階(意識あり✖️能力ありの段階)

ステップ4.無意識でも、できるようになった段階(無意識✖️能力ありの段階)

 

よりわかりやすいように、具体的な例として、自転車に乗れるようになるまでのお話しをしていきましょう!

 

ステップ1は、自分が赤ちゃんであり、自転車を運転できる能力がないことにも気づいていない段階です。

ステップ2は、幼稚園生になり、自分が自転車を運転できないことに気づいた段階です。

ステップ3は、練習を繰り返して、がんばれば、なんとか自転車に乗られるようになった段階です。

ステップ4は、何も考えずに、自転車に乗られるようになった段階です。

 

おそらく、多くの皆様は、今、現在、ステップ4におられるのではないでしょうか。

 

でも、みなさまも赤ちゃんのころは、自転車を運転できない自分のことを意識していなかったはずです。

人は、意識することによって、はじめて、それができないことに気づきます。

そして、なんとか意識して練習して、できるようになるのです。

さして、最後には、意識さえもせずにできるようになるのです。

最近、自転車に乗るときに、いろいろ考えてから乗る人はたぶんいないですよね?

 

この4つのステップを繰り返し、人がいろんなことができるようになるのですよね?

このように考えると、少し面白くありませんか。

私は、とても楽しいです。

変態なのでしょうか。。。。。

 

今日も読んでくださりありがとうございました!!