勇気の経営学

おすすめ本の紹介をしています!他にも経営学&キャリア&日常のことについて徒然なるままに書いています!

時給をあげるための土台つくり♪

昨日は日本の平均的な方の時給についてお話をしてきました。

 

今日もその続きです。

 

日本の平均的な方の時給は2千円程度というお話を昨日しましたよね。

 

平均ですから、大体40歳くらいの平均的な会社員の方が時給2千円で働いているということですよね。

 

でも、寂しいとおもいませんか。

 

20年も働いている方の時給が2千円なんて。

 

少し高給な大学生とそんなに変わらないのですよ。

 

きっと、このブログを読んで下さっている20代のみなさんなら、そう思いますよね。

 

ただ、これが現実で、原因の多くは本人にあります。

 

少し厳しい言い方をすれば、これは大体の日本人の方が20代の時にさぼっていたからという理由があるようです。

 

または、一生懸命やっているようでも、上司の指示ばかりをまって受け身だけの大人になっていることが原因のようです。

 

このブログで何度も言っているのですが、生涯年収のほとんどは20代で決まります。

 

1.誰を顧客に仕事をするのか。

 

2.その顧客に対し、自分の強みをどう発揮するのか。

 

この2点において、土台をつくるのが20代になります。

 

この土台を意識しないまま、いくら働いても時給は2千円がいいところです。

 

あなたは、どんな土台を20代につくりますか。

 

また、明日もこの話の続きをしますね♪

 

しっかり、考えてみてください~。