勇気の経営学

おすすめ本の紹介をしています!他にも経営学&キャリア&日常のことについて徒然なるままに書いています!

未来を指し示す人?

おはようございます?

 

日々、20代前半の学生たちと話をしていて気づいたことがあります。

 

それは、

 

「今を楽しそうに生きている人は、母親との関係がうまくいっている人が多く、未来のやりたいことがはっきりしている人は、父親との関係がうまくいっている人が多い」

 

ということです。

 

今日、特に注目したいのは、将来のことについては、かなりの部分が父親に依存しているという点です。

 

さらに付け加えると、父親との関係がよくても、父親が楽しそうな大人でない場合は、将来やりたいことがわからないという学生の確率が増えてきます。

 

父親の存在って、改めて大切だなと感じます。

 

つまり、やりたことがある子供を育てようと思った場合、父親は子供との関係性を維持しながらも、自分自身が楽しむ日々を過ごす必要があるということになりますね。

 

また、逆に子供の立場から考えみましょう。

 

あなたの父親がこのようなことをできない人である場合は、父親とは異なる将来を指し示してくれる大人を積極的に探しに行く必要がありますよね。

 

親は選べませんが、あなたは自由ですので、目標とする人を探す権利はあります。

 

これは、ちょっと最初大変ですが、そんな大人が見つかれば、あとは楽しい未来が待っています?

 

やりたいことがわからないと思っている人、ぜひ、やってみてくださいね。

 

ただ、出会っていないだけです。

 

そんな大人に。

広告を非表示にする