ひたすらBook

おすすめ本の紹介をしています!他にも経営学&キャリア&日常のことについて徒然なるままに書いています!

人生の最後に気づくだろうこと

最近、お世話になった方の入院先にお見舞いに行く機会がよくあります。


年配の方ばかりなので、入院もしょうがないかなとも思います。


ただ、お見舞いに行き、まざまざと感じることは、歳をとり、地位や権威がなくなって、はじめてその人の人生における徳がわかるということです。


地位や権威で従わせてきた人は、寂しい老後を過ごします。


一方、徳で人と接した方のまわりには老後も人が集まります。


本当にすごい差です。


最後に自分の人生がどんな人生であったか、わかるようになっているのですね。


人生って。


会社の偉いさん達が地位や権威を失いたくないのは、自分の人生に自信がないからなのかもしれませんね。