勇気の経営学

おすすめ本の紹介をしています!他にも経営学&キャリア&日常のことについて徒然なるままに書いています!

言葉にできない強みの大切さ

「言葉にできない強みの大切さ」

 

先日、研究室に相談に来てくれた教え子が、こんな言葉を教えてくれました。

 

『言葉で言い表されることは、他のものでも置き換えられる!』と。

 

確かにそうですよね。

 

ちなみに、教え子たちに、聞いてました。私の強みを。(自分で言うのも何ですが、先生として、教え子達から好かれていますので。)

 

「話を聴いてくれそう」とか、「フレンドリー」とか、「話がおもしろい」とか、「なんか変!」とか、「実際に企業で活躍していたので頼りになる」とか。


なかなか言葉にできないようです。

 

これ正しいことで、おそらく、言葉にできないと思うのですよね。ホントの強みって。

 

確かに、私は博士号をもっているので、それは言葉にできる強みですが、ただ、博士号をもっているだけでは学生は講義を聴いてくれません。

 

そこで、言葉にできない強みが登場するわけですよね。

 

言葉にできない強みは、一つ一つは大した強みにならないかもしれません。

 

ただ、それが積み重なって連携した時に、余人には代えがたい強さになります。

 

言葉にできない強みを蓄積させ、つなぐ工夫。


やってみてください。


おすすめです!