勇気の経営学

おすすめ本の紹介をしています!他にも経営学&キャリア&日常のことについて徒然なるままに書いています!

不安と奴隷のお話

「不安と奴隷のお話」

 

昔、アメリカに奴隷制度がありました。

 

そして、ある時、奴隷制度がなくなり、奴隷は解放されました。

 

しかし、奴隷の多くは、解放されたにも関わらず、他の場所にいかずにもとの場所にいたと言います。

 

この理由は「他のところに行くことが不安だった」からです。

 

現在の私たちから見れば、奴隷から解放されたので、それよりも悪いところや状況はないので、他のところにいけばいいと思ってしまいますよね。

 

それでも、彼らは不安だったのです。

 

時はかわって、現代になっても、多くの人は、不安に支配され、今、いる場所に不満がいっぱいで、チャンスがあるにもかかわらず、新しい一歩も動き出せない人が多いように思います。

 

昔の話だと、馬鹿に思うような話でも、現代になおして、自分、もしくは、まわりの人にあてはめて、考えてみるといかがでしょうか。

 

ちょっと、奴隷と同じにするなという批判を頂きそうですが、わかりやすいように今回はこの事例を出させて頂きました。

 

気分を悪くされた方、申し訳ありませんでした…

広告を非表示にする