読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勇気の経営学

おすすめ本の紹介をしています!他にも経営学&キャリア&日常のことについて徒然なるままに書いています!

『暗黙知の次元』

『暗黙知の次元』。マイケル・ポランニーの一冊です。人間には「言語化されない知」がたくさんあると言われています。そして、それは「暗黙知」と呼ばれます。「隠された知」ってなんだかゾクゾクしませんか。今、ゾクゾクしたあなた!そんなあなたにオスス…

『佐藤可士和さん、仕事って楽しいですか? 』

『佐藤可士和さん、仕事って楽しいですか? 』。最近、東京の地下鉄に乗っているとリクルートスーツを着た大学生をよく見かけます。仕事に対してどんな感じで活動しているのかな… この本はユニクロのロゴなどをつくった人気アートディレクターの佐藤可士和さ…

『一発OKが出る資料 簡単につくるコツ』

『一発OKが出る資料 簡単につくるコツ』。最近、大学で予算をとるため資料を作りました… おそらくビジネスマンの方は大学教員の僕よりもそんな機会が多いのでは!そんな方にオススメなのがこの本です(^^) 昨年の僕の講義にもお越し頂いたコクヨの下地さんの…

『視力を失わない生き方』

『視力を失わない生き方』。最近、仕事をしていると疲れやすく、困っていました。自分自身、原因はよくわからなかったのですが、先日この本の著者の深作秀春先生に診てもらったら「眼」に原因があるとの診断が… それで僕にあう眼鏡や点眼剤を頂いたら随分楽…

『超一流の雑談力』

『超一流の雑談力』。昨日、ご紹介したのが「実践編」でした。そして、今日、ご紹介しているのが先に発刊された基本(⁉︎)編です。表紙だけだとかなり似ているので補足説明しています(・ω・)ノ これで僕も雑談力アップかな♪#book #readings #reading #本 #読書…

「RoBoHoN(ロボホン)」

今日はモバイル型ロボット電話「RoBoHoN(ロボホン)」の開発について調査するためシャープ 広島工場に♪「RoBoHoN(ロボホン)」はこう見えてもスマホ(・ω・) 胸ポケットに入るコンパクトサイズ!お話もできちゃいます♪ 面白い商品ですよね〜。

『超一流の雑談力「超・実践編」』

『超一流の雑談力「超・実践編」』。多くの大学には講義に対する学生からの評価システムがあります。自分に対するアンケート結果を見ていたらいつも思うのですが大学教員にこそ「雑談力」が必要だなと… そういうわけで読んでみました♪ 実践編を!これで四月…

『市場と企業組織』

『市場と企業組織』。2009年度ノーベル経済学賞受賞者 ウィリアムソンの代表的著作です。ウィリアムソンは経済学者ですが経営学者にも影響を与えています。学問の枠をこえた存在… かっこいいですね(^^) 内容は当たり前ですが…かなり難しいです。#book #readi…

『日本のもの造り哲学』

『日本のもの造り哲学』。東京大学 藤本隆宏先生の一冊です♪ 藤本先生は「ものづくり」研究の第一人者の先生です。ものづくり好きな僕にはタイトルに「ものづくり」という文字があると惹かれますね(^^) 藤本先生の本はいつもそうですが、この本も素敵な一冊…

『経営の精神 我々が捨ててしまったものは何か』

『経営の精神 我々が捨ててしまったものは何か』です。日本を代表する経営学者 加護野忠男先生の一冊です。経営学者と紹介しましたが、加護野先生はもう経営学者の枠を飛び越えられた先生のような気もします…日頃から読書をされている経営者の方にオススメな…

『経営戦略の論理』

『経営戦略の論理』。日本を代表する経営学者 伊丹敬之先生の一冊です。写真は第三版ですが調べてみると第四版も発刊されているのですね。経営学でこんなことは珍しいですよね… 僕の大学での担当科目も経営戦略論です。さぁ、来年度の講義の準備しよっと♪#bo…

『諸国民の富』

『諸国民の富』。アダム・スミスの有名な一冊です♪ 思いつきではじめた本紹介もこれで200冊目。なんとなくキリの良い200冊目はアダム・スミスでしょ!と思い、ご紹介。理解できないところも多々ある古典… まぁ、それでも読むことに意味がある♪と思う今日この…

『コーチング入門』

『コーチング入門』。最近、経営者やマネジャーの方々とお話する機会が多いのですが、皆さんが共通して言われることが「ここのところ、急速にマネジメントのカタチが変わっているように感じているし、実際に変えている」ということ。僕らもコーチングなんか…

『アートは資本主義の行方を予言する』

『アートは資本主義の行方を予言する』。「東京画廊」代表 山本豊津さんの一冊です。僕の研究テーマは「価値づくり」なので、現代美術という素人(僕みたいな)には全くわからない「モノ」をどのように「作品」として顧客に感じてもらうのか…大変興味があり読…

Yahoo!ニュース 「商店街の布団屋さん」の記事

おっ!僕が書いた「商店街の布団屋さん」の記事がYahoo!ニュースにのりましたね!それもトピックのところに(^^)ありがたいことです♪ https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170316-00010001-php_t-bus_all

『武器としての決断思考』

『武器としての決断思考』。10代後輩から20代の方にオススメな一冊です。優柔不断な僕が言うのも何ですが、このあやふやな世の中を生きていくためには「決断できる思考力」が必要ですよね。瀧本哲史先生の本、読んでいると「ビリビリ」きますね♪ んっ。ビリ…

『カリスマ体育教師の常勝教育』

『カリスマ体育教師の常勝教育』。今日の朝は3月中旬なのに冷えこみますね… そんな寒い朝には公立中学から7年間で13回もの陸上日本一を生んだ体育教師 原田隆史先生の「熱い」教育本を紹介!原田先生は経営者の勉強会でマネジメントの発想を学んだとのこと。…

『理科系の作文技術』

『理科系の作文技術』。昨日、論文の執筆をしていたのですが、文章を書くのって本当に難しいですね… 昔は博士はみんな天才だと思っていたのですが実際はそんなことはないようです。さぁ、今日も書こうっと。論文…この本、難しいですけど良い本です♪#book #re…

『はじめての統計学』

『はじめての統計学』。統計学を勉強したい方にオススメの一冊です。先日、この三月で退官される先生方の送別会がありました。そこで若手の先生方と研究の話、特に統計学的な手法について話をしたのですが、この本のことをふと思い出しました。そして読み直…

『ネットで生保を売ろう!'76年生まれ、ライフネット生命を立ち上げる』

『ネットで生保を売ろう!'76年生まれ、ライフネット生命を立ち上げる』。ライフネット生命 社長 岩瀬大輔さんの一冊です。ライフネット生命の創業ストーリーがよくわかります。個人的には同世代の岩瀬さんからみた出口会長に対する分析が興味深かったです。…

『競争優位の戦略 いかに高業績を持続させるか』

『競争優位の戦略 いかに高業績を持続させるか』。著名な経営学者 ポーター先生の一冊です♪ 表紙の絵は有名な「価値連鎖」の図ですね。この本…分厚くて600ページ以上あります。そして価格は8.424円(税込み)です…いろいろな意味でハードな一冊ですね!#book #…

『動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか』

『動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか』。タイトルがカッコイイですよね。生命とは「絶え間ない流れの中にある動的なものである」ことを表現しているのでしょうね。体を構成している分子は入れ替わりまくりとのことでしたし…「生命」の不思議について考えさ…

『マンガでわかるランチェスター戦略』

『マンガでわかるランチェスター戦略』。古本屋で見つけた一冊です♪ 中小企業の経営者の方々とお話しているとランチェスター戦略の話がよくでます。主に経営コンサルタントの方々がひろめた考え方ですが、内容もさることながらその普及力に驚かされます…すご…

『歩きながら考えよう 建築も人生も』

『歩きながら考えよう 建築も人生も』。世界的な建築家の安藤忠雄さんの一冊です。神戸大学で学んでいた時、安藤忠雄さんの講演を聴きに行ったことがありました。安藤さん独特の語りが気分爽快でした(^^) ふと、そんな昔のことを思い出しました。#book #read…

『バブル 日本迷走の原点』

『バブル 日本迷走の原点』です。僕はバブルのことをあまり知らない世代(39歳)なので気になり読んでみました。読んでみると驚きました。この本が固有名詞であの時代を語っていることに…生々しい内容で興味深かったです。しかし…すごい取材力です(・_・;#book #…

『新しい市場のつくりかた 明日のための「余談の多い」経営学』

『新しい市場のつくりかた 明日のための「余談の多い」経営学』です。350ページをこすボリュームがある本ですが軽快な文章で書かれているため楽しく読めます(^^) まるで三宅先生のお話をきいているような感じです。しかし…こんなに余談をよく入れられますね…

『愛があるなら叱りなさい』

『愛があるなら叱りなさい』です。最近、いろいろな業界で活躍されている方々にインタビューをさせて頂いています(御協力ありがとうございます)。当たり前かもですが、一流の方々は「優しさ」と同時に「厳しさ」ももった方々ばかりです。僕も時に「愛のある…

『ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく』

『ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく』です。毎日やっているこのInstagram…教え子に教えられはじめました。最初はアップすることが思いつかず…とりあえず大好きな本を紹介することにしました(^^) 今日で186冊目。うん。いい感じ♪#book #readings …

『エクセレント・カンパニー』

『エクセレント・カンパニー』です。昨日、運良く僕が尊敬する先生の一人である一橋大学 米倉誠一郎先生の最終講義を聴かせて頂いた。講義を聴いて、見て、感じて改めて思ったことは組織が面白くなるかどうかは「ひと」にかかっているということ。この本もき…

『「学力」の経済学』

『「学力」の経済学』です。データをもとに教育を経済学的な手法で分析する教育経済学の一冊です。おそらく、経済学の先生が書かれた本としては「異例」の読みやすさです。子育て中の自分としても大変勉強になりました(^^) おすすめです♪#book #readings #re…

『非常識な成功法則』

『非常識な成功法則』です。教え子達をみて感じることは若者が求めているのは「成功」よりも「幸せ」だということ。確かに成功しても幸せになれるわけではないわけで…でも成功のある幸せもあるような気もするわけで…どちらを選択するにしてもおすすめな一冊…

『伝えることから始めよう』

『伝えることから始めよう』です。ジャパネットたかた創業者の髙田明氏の一冊。面白いです!どうでもいい話ですが僕がシャープで「ヘルシオ」の企画をしていた時の上司が髙田さんにメチャクチャ似ていてとても他人には思えません…ほんとうにどうでもいい話で…

『経済発展の理論』

『経済発展の理論』です。有名なシュムペーターの一冊。いわゆる「古典」です。イノベーションはシュムペーターの鍵概念ですが、この本では「新結合」という言葉が使われていますね(^^) 僕にとっては第2章が特に興味深い内容でした♪#book #readings #reading…

『戦国の城 攻めと守り』

『戦国の城 攻めと守り』です。NHK大河ドラマの時代考証を担当する小和田静岡大学名誉教授の一冊です!日本のお城の工夫って素晴らしいですよね。きっとどなたも興味ないのでしょうけど…僕は大好きです♪#book #readings #reading #本 #読書 #読書記録 #読書…

『痛快!経済学』

『痛快!経済学』です。古本屋で見つけた一冊。1999年の本ですね。著者は中谷巌さん。中谷さん、こんな本も書かれているのですね。数式を使わず身近なエピソードや漫画によって「社会主義はなぜ失敗したのか」「市場も失敗する」を学べます(^^) 面白いです!…

『技術の理論』

『技術の理論』です。僕の師匠の師匠にあたる宗像先生の一冊です。先生に前回お会いした時に「君は何に人生を使うつもりだ?」と問われました…この本は難しさもあり理解できていない部分も多々ありますが少なくとも先生が何に人生を使ってこられたかを「感じ…

『痛快!サバイバル経営学』

『痛快!サバイバル経営学』です。古本屋で見つけた一冊で、2002年の本ですね。マンガもあり、楽しく読むことができます(^^) こういう本がきっかけになり経営学に興味を持ってくれる若者が増えると嬉しいですね。#book #readings #reading #本 #読書 #読書記…

『プランB』

『プランB』です。創業時の最初のビジネス、つまり「プランA」ではうまくいかず「プランB」によってやっとうまくいった数々の企業のことが書かれています。僕自身、最近多くの起業家にお話を聞いていますが実態は「B」どころか「E」ぐらいな気がしていま…

『君がオヤジになる前に』

『君がオヤジになる前に』です。堀江貴文さんの一冊です。先日出演したラジオでホリエモンの話が出たのと、タイトルに惹かれ読んでみました。面白い一冊だと思います♪ 表紙の「カイジ」福本伸行さんの絵がまた良いですよね( ^ω^ ) #book #readings #reading …

コラム:「なぜ、商店街の布団屋さんはつぶれないのか?」

PHP『THE21』オンラインにコラム「なぜ、商店街の布団屋さんはつぶれないのか?」を書きました!スゴい人気でアクセスランキング があっという間に「3位!」まで上がってきました(*^ω^*) よければどうぞです♪ → http://shuchi.php.co.jp/the21/detail/3604#b…

『弱者の戦略』

『弱者の戦略』です。この本はタイトルから想像されるような一般的な企業戦略について書かれた本ではないです。どちらかと言えば、零細企業経営者やこれから起業を目指す方、いわゆる「個人事業主」向けの本です。内容はとても面白いですよ♪#book #readings …

「渋谷のラジオ」への出演(;´д`)

そうそう。「渋谷のラジオ」に出演してきました(*´Д`*)本の紹介もたくさんしました。楽しかったです♪内容はここから聴けます(^^) よければどうぞ!→ https://note.mu/shiburadi/m/m446ee1333886#book #readings #reading #本 #読書 #読書記録 #読書倶楽部 #…

『競争の戦略』

『競争の戦略』です。有名なポーター先生の一冊です。表紙はこれまた有名な5Forcesの絵です。しかしこの本が分厚いのです…これがまた…学生にすすめたら嫌な顔をされちゃいました_φ(・_・#book #readings #reading #本 #読書 #読書記録 #読書倶楽部 #読了 #本棚…

『豊臣秀長―ある補佐役の生涯』

『豊臣秀長―ある補佐役の生涯』です。週末なので小説を一冊♪ 秀長は豊臣秀吉の三歳年下の弟です。万人が認めるナンバー2でありながら自らの働きを誇ることなく常に脇役…地味な役まわり…大変興味深い内容でした。#book #readings #reading #本 #読書 #読書記…

『科学革命の構造』

『科学革命の構造』です。有名なトーマス・クーンの一冊。「パラダイム」という概念を用い世界観の変革がいかにして起こるかについて書かれています。昨日、論文を書いていて久しぶりにこの本を読み返したけどやっぱり名著でした(^^)#book #readings #readin…

PHP 『THE21』コラム「なぜ、商店街の布団屋さんはつぶれないのか?」

こんにちは。 PHP 『THE21』オンラインにコラムを書きましたの共有させていただきますね♪ 「なぜ、商店街の布団屋さんはつぶれないのか?」 というタイトルでポップに書いてみました。 ↓↓↓↓ http://shuchi.php.co.jp/the21/detail/3604 よければ、どうぞです…

『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら』

『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら』です。略して『もしイノ』!しかし、長いタイトルですね…タイトルや表紙からわかるようにヒットした『もしドラ』の第2弾です♪#book #readings #reading #本 #読書…

『一億総ツッコミ時代』

『一億総ツッコミ時代』です。教え子から「おもしろいですよ」とすすめられた一冊。自分では何もしないけれど他人や世の中の出来事には上から目線で批評、批難する人達。それが人々の動きにブロックをかける…妙に納得させられた一冊です。#book #readings #r…

『座右の書『貞観政要』』

『座右の書『貞観政要』』です。ライフネット生命 出口会長の一冊です♪ 出口会長にはいつもゼミ生ともども教えて頂いています。この本を読んでいると「しっかりと学んで下さいよ。先生。」という出口会長の声が聞こえてきました…やっぱり先生が一番学ばない…

『生産性』

『生産性』です。知識労働者の生産性向上について書かれた一冊です。この本の中で各仕事にかかった時間をストップウォッチではかることがオススメされています。実際やってみたら集中時間が可視化できるようになり、その日の自分のコンディションがわかるよ…